日本のスポーツメーカー(ブランド)一覧

日本のスポーツメーカーと言うと、「ミズノにアシックスに...」

「あれ、他って何がある?」

 

そう思った方もいるかと思います!

 

意外とデサントが日本企業だということを知らない人もいます!

 

ということで、

今回は、日本のスポーツメーカー(ブランド)の一覧をご紹介します!

 

「スポメカ就活」は、スポーツメーカーの就職活動支援サイトでありますので、

それぞれの就職情報も載せています!

 

ナイキやアディダス等の海外スポーツメーカーの情報が欲しい方向けに、

海外のスポーツメーカー(ブランド)の一覧も掲載しています。

日本の代理店もご紹介していますので、

「え、ルコックってデサントが売ってたの?」みたいな発見もあります!

ぜひご覧ください!

 

*随時更新していきます!載せてほしいスポーツメーカーがあれば、お問い合わせください!

 

◆日本のスポーツメーカー(ブランド)

*五十音順

アキレス

「興国化学工業株式会社」として1947年創立。

「瞬足」シューズが有名であるが、元々は素材メーカーで、その素材開発力や、加工力を生かして消費者向け商品も製造。

「瞬足」に関しては、伊藤忠商事とパートナーシップを結んでいる。

キッズには人気を博するが、2017年より、大人をターゲットにしたランニングシューズも展開している。

なお、ソルボのインソールで有名な三進興産は、アキレスの子会社。

アキレスの採用サイト(リクナビ)

アシックス(ASICS)

1949年に鬼塚喜八郎が創設。本社は神戸。ランニングシューズに強み。

売上高は、日本スポーツメーカーの中では一位。ナイキ、アディダスに次ぐ世界第三位を目指す。

カジュアルアパレルであるオニツカタイガーも好調。アウトドアブランド「ホグロフス」や、陸上界に強い「ニシ・スポーツ」も所有する。

2020年東京オリンピックの単独スポンサーである。

近年、文系職については、アシックスジャパンの採用のみで、株式会社アシックスの採用はボストンキャリアフォーラムのみとなっている。

アシックス新卒採用サイトをチェック

ボストンキャリアフォーラムHP

イグニオ(IGNIO)

2006年に、スポーツ用品店アルペングループが、プライベートブランドとして始めた。取扱商品は多く、サッカー、野球、バスケットボール、ゴルフ、テニスから、アスレジャーまで。プライベートブランドで、生産から販売までを自社の管理下で行うこともあり、比較的安い価格帯の商品が売りである。

なお、アルペングループの中に、スポーツデポも存在する。

イグニオの販売・マーケティングに携わりたい方は、アルペングループに入社する必要がある。

アルペングループの新卒採用サイトをチェック

エスエスケイ(SSK)

1946年、佐々木恭三が建てる。本社は大阪。SSKブランドは、野球やソフトボール商品。デンマークのhummelの商標権を持っている。他にも、ドイツのアウトドアブランド「ショッフェル」、フランスのブーツブランド「パラディウム」等も販売している。SSKは、BtoCだけでなく、ナイキやアディダスの卸売業者としても活動する。

SSK新卒採用をチェック

ゴールドウィン(GOLDWIN)

1950年、富山にて創業。オーストラリアの「Speedo」、ニュージーランドの「カンタベリー」、アメリカカルフォルニアの「ザノースフェイス」など多くのブランドを扱う。「ゴールドウィン」ブランドとしては、モーターサイクルやスキー商品を販売している。

ゴールドウィン新卒採用HPをチェック

ザナックス(XANAX)

1947年創業。本社は大阪。国内の卸売業を主な事業とする。一方で、「ザナックス」ブランドとして野球用品を販売する。契約選手には、阪神タイガースの藤川球児、読売ジャイアンツの山口俊がいる。

ザナックスの新卒採用情報をチェック

SVOLME(スボルメ)

2006年に東京でVOLUME株式会社が創立される。SVOLMEは、VOLUMEのブランドという位置づけ。他にもNEUTRAL ACTというカジュアルウェアブランドも展開している。

SVOLMEは、フットボールブランドである。フットサルで人気が出てきてから、サッカーにも力を入れ始めている。セパタクロー日本代表にユニ提供をするなど、ニッチ市場から攻めている。

また、他競技の展開を始めていて、國學院大學の駅伝部のスポンサーである。

VOLUME株式会社が新卒採用を行っている。新興企業であるため、若手が活躍している模様。

スボルメの新卒採用HPをチェック

ダンロップスポーツ(Dunlop)

「ダンロップ」ブランドをめぐって、タイヤ事業とスポーツ事業とで商標権を持つ企業が異なったりするため、ダンロップスポーツの歴史を整理するのは難しい。

ダンロップ「ダンロップ」ブランドは、スコットランド人ジョン・ボイド・ダンロップ(1840~1921)が設立したダンロップ・ラバー株式会社に由来する。タイヤを製造する際のゴム加工技術をゴルフボールやテニスボールなどに利用し、スポーツ用品業界にも参入。

ダンロップは、1963年から住友グループの経営に入る。ダンロップスポーツは、商標権の移行や名称の変更を経て、2018年住友ゴム工業と合併し、同社スポーツ事業本部となる。ゼクシオ、スリクソンなどのブランドを持つほか、スポーツジム、スクールなどの運営も手掛ける。

ダンロップスポーツで働きたい人は、住友ゴム工業に入社する必要がある。

住友ゴム工業の新卒サイトをチェック

デサント(Descente)

スキーウェアを始めとした冬季スポーツに強み。ブランド経営を得意とする伊藤忠商事の傘下になってから、ライセンス事業が好調。しかし、近年「デサント」ブランドの販売にも注力し、自社ブランドの売上も伸ばしている。商標権を持つブランドとしては、ゴルフのルコック、サッカーのアンブロ、水泳のアリーナ等が有名。

デサントの採用情報をチェック

ドーム(DOME)

ドームは、1996年に設立された。1998年からアンダーアーマーの日本における総合代理店契約を持つ。サプリメントのDNSも基幹事業の一つ。契約選手には、阿部慎之助、松田宣浩、畑岡奈紗等。アスリート以外にも、長澤まさみがいる。契約チームには、読売ジャイアンツを始めとして、バスケットボール日本代表など多岐にわたる。

近年、卓球(Tリーグユニフォームサプライヤー)、サッカー(大宮アルディージャ等)、等にも進出している。

ドームの採用ページをチェック

ニッタク(Nittaku)

日本卓球株式会社が、「ニッタク」ブランドを販売する。創業は1920年。卓球ボールをはじめとして、ウェア、シューズ、ラケット、ラバー、卓球台を取り扱う。契約選手には、石川佳純、伊藤美誠、馬龍等。

採用は、新卒では行っていない模様。中途も求人が少ない。

日本卓球株式会社の採用情報をチェック

バタフライ(Butterfly)

株式会社タマスが、「バタフライ」ブランドを販売している。タマスは、1950年創業。卓球用品全般を扱う。ラバーの「テナジー」は人気を博した。契約選手には、水谷隼、張本智和、ティモ・ボル等。

タマスは、新卒採用を行っている年もある。2019年卒に関しては、突然Facebook上にて採用の告知があった。情報を頻繁にチェックする必要がありそうだ。

タマスのFacebook情報をチェック

ヴィクタス(VICTAS)

2016年より、卓球男子日本代表のオフィシャルサプライヤー契約。

元々は1931年創業のヤマト卓球株式会社のブランドの一つ。2017年に、社名を「ヤマト卓球株式会社」から「株式会社VICTAS」に変更。2010年には、「株式会社スヴェンソン」が「ヤマト卓球株式会社」を買収している。取締役会長には、松下浩二氏。

TSPは、VICTASが所有するブランド。2016年、アシックスジャパンと契約締結し、アシックスの卓球ウェア及びシューズの販売を担う。契約選手には、丹羽孝希、村松雄斗、前田美優等。

採用は、現在のところ中途のみである。

VICTASの採用情報をチェック

フェニックス(PHENIX)

1952年創業。スキーウェアブランドとして有名。スキー日本代表にウェアを提供している。フットボールウェアで有名なイタリアのKAPPAブランドも販売している。

事務職の採用は中途のみである。

フェニックスの採用ページをチェック

ミズノ(Mizuno)

1906年に水野利八が創業した老舗企業。本社は大阪。野球やゴルフに強み。海外展開はやや遅れるも、日本国内での基盤は強く、40代以上に人気がある。契約選手には、本田圭佑、イチロー、福原愛など。タレントでは、菜々緒を起用してイメージアップを図っている。

採用ページをチェック(マイナビ)

モンベル(mont-bell)

1975年大阪にて開業。登山靴、テント、レインウェアなどアウトドア商品を中心に販売。

日本以外は、アメリカ、スイスに拠点を持っている。

モンベルへの就職だが、HPを定期的にチェックすると良い。

常に採用情報が載っているということではなく、新卒採用の人数も多くないようだ。

モンベルの採用ページをチェック

ヨネックス(YONEX)

1946年、米山稔が設立。テニス、バドミントン、ゴルフに強い。フットボールウェアも手掛け、柏レイソルにウェア提供しているほか、2018年よりアビスパ福岡とも契約を結んだ。

ヨネックスの採用ページをチェック

 

======================================

 

外資(海外)ブランドもチェックしたい方は、以下の記事を見てください!

就活情報も掲載しています!

外資スポーツメーカー(ブランド)一覧:海外スポーツメーカー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です