外資スポーツメーカー(ブランド)一覧:海外スポーツメーカー

外資スポーツメーカー(ブランド)の一覧(海外)を国別にご紹介します!

それぞれの会社の就活情報も加えています!

 

海外のスポーツメーカーは、日本での販売権利を日本企業に与えている場合があります。

どこの日系企業が、どのブランドを販売しているかの情報も載せています!

 

「アンダーアーマーって、アンダーアーマージャパン無いんだ…」

「ノースフェイスって、実は○○が販売しているの…」など面白い気づきもあるかと思います!

 

 

*随時更新していきます!載せてほしいメーカーがあったら、お問い合わせください!

◆アメリカ

アンダーアーマー

メリーランド州のボルチモアに本社を持つ。比較的最近の1996年に創立したにも拘らず、売り上げは5000憶を超え、プーマ、アシックス、ニューバランスと世界第三位争いをしている。

日本では、パートナーシップを結んでいる株式会社ドームにマーケティングを委託している。そのため、アンダーアーマーの商品を売りたいと思っている方は、株式会社ドームに入社する必要がある。

株式会社ドームの採用情報

コロンビア

ナイキと同じく、オレゴン州のポートランドに本社を構える。登山、トレッキング、キャンプ、スキーなどに強い。日本法人は1997年に設立され、本社は新宿イーストサイドスクエア内に入っている。

新卒採用は、店舗スタッフのみで、オフィススタッフは中途のみである。

コロンビアの採用情報

スケッチャーズ

カルフォルニアに本社を構える。1992年に設立と、比較的新しいブランドである。スケートボードシューズ等から商売をはじめた。より大きな市場を求め、カジュアルスタイルのスニーカーを売り出し、スポーツ選手だけでなく、ミュージシャン等のセレブを使ったプロモーションが成功し、近年急成長をしている。2017年度は、約4400憶円を売り上げている。

新卒採用は取っていない。採用は中途採用のみ。

スポルディング(SPALDING)

本社はケンタッキー州。1876年に創業され、世界初となる様々な競技の「ボール」を開発してきた。現在は、特にバスケットボールに強みを持っている。

新卒採用は取っておらず、中途採用のみ。

2017年の正社員募集情報

テーラーメイドゴルフ

1979年創業。1997年にアディダスの傘下に入る。しかし、2016年アディダスは、ゴルフ市場の停滞を考慮し、ゴルフメーカーNo.1にも拘らずテーラーメイドを売却する。

採用については、自社の採用サイトを保有し、検索がしやすい。しかし、正社員の本社スタッフについては、募集していないことが多い。新卒採用の募集はない。

テーラーメイドの採用サイト

ナイキ

世界売り上げ第一位。その額3兆円を超える。2位のアディダスの売り上げは2兆円で、ナイキに大きくリードされている。プーマ、アシックス、ニューバランス、アンダーアーマーで争っている3位以降の売り上げは、5~6000億円で、ナイキとは圧倒的に差が離れている。

ナイキは、オレゴン州のポートランドに本社を構える。1964年に、フィル・ナイトとバウワーマンによって設立。

当初は、BRS(ブルーリボンスポーツ)という名前で、日本のオニツカタイガー(現アシックス)のシューズを米国に販売することから商売を始めた。その後、自社でシューズを生産することに決め、学生時代にナイトが影響を受けたサモトラケのニケから、「ナイキ」と名前を変えた。資金繰りに困ったときに、日商岩井(現双日)に助けてもらったことから、日商岩井との関係が深い。

2016年度から、新卒向けのインターンシップを行っている。情報が出てくるのが不定期で、チャネルが定まっていないので情報をこまめにチェックしよう。参考までにいくつかのリンクを貼っておく。

外資就活ドットコム「【18/19卒対象】Nike SUMMER INTERNSHIP 」

欧米のナイキのインターンシップへの応募ページ

ニューバランス

プーマ、アシックス、アンダーアーマーと世界第三位を争っている。

マサチューセッツ州のボストンに本社を構える。1906年に設立され、矯正靴の販売から商売をはじめた。そのため、シューズに強みを持つ。ライバル会社が人件費の安い海外での生産を推し進める中、ニューバランスは欧米での生産を続けている。2015年からサッカー市場にも進出している。

中途採用が多いが、僅かながらも新卒採用を行っている。

ニューバランスの新卒採用サイト

ザ・ノース・フェイス

1966年にカルフォルニアのサンフランシスコで創業される。スキー、登山などのアウトドアに強み。

日本での販売は、ゴールドウィンが務める。そのため、ノースフェイスに入りたい人は、ゴールドウィンの新卒採用を受ける必要がある。

ゴールドウィンの新卒採用サイト

マジェスティック・アスレティック

ペンシルバニア州に本社を構える。古くからMLBにユニフォームを提供するなど、スポーツ衣料品に強みを持つ。ヤクルトスワローズ、ソフトバンク、西武ライオンズ、楽天イーグルス、千葉ロッテマリーンズといった日本のプロ野球チームにもユニフォームを提供している。

なおマジェスティックは、ライセンススポーツマーチャンダイズビジネスを手掛けるファナティクス社の傘下にある。

マジェスティックアスレチックジャパンは、新卒採用を取っていない。中途採用のみである。

 

◆イギリス

アドミラル

1914年、レスターにて創業。1970年代には、サッカーイングランド代表のウェアを提供していたこともあり、サッカーウェアに強みを持つ。

双日ジーエムシー株式会社が代理店を務めている。日本と東アジア諸国への販売権を持つ。双日ジーエムシー株式会社は、双日の子会社であるので、アドミラルに入りたい人は双日に入ることをおすすめする。

双日の採用サイト

アンブロ

1920年に創業。サッカーとラグビーに強みを持ち、サッカーイングランド代表のユニフォームを提供していた。ガンバ大阪やFC東京にユニフォームを提供する。2007年、ナイキに買収されたが、2012年にはアメリカのイコニックス・ブランド・グループに売却された。

デサントが代理店を務めている。アンブロに入りたい人は、デサントに入る必要がある。

デサントの採用サイト

SPEEDO

1914年、ノッティンガムにて創業。競技用水着に強み。2008年に展開されたレーザーレーサーは、多くの新記録を作ることになり、話題を生んだ。

長年ミズノがSPEEDOの製造・販売ライセンスを保有していたが、2007年にその権利を放棄。その後、三井物産がライセンスを取得し、ゴールドウィンが開発・販売を担当している。

ゴールドウィンの新卒採用サイト

Mitre(マイター)

1817年に創業した、世界最古のサッカーボールメーカー。様々なスポーツのウェアを作るが、主にサッカーに強い。日本における販売について、株式会社イミオとライセンス契約を結んでいたが、2017年に契約破棄。

リーボック

1900年創業。フィットネス産業で人気を博し、シューズに強みを持つ。2005年より、アディダス傘下。リーボックに入るには、アディダスに入る必要がある。新卒採用は基本的にない。

アディダスの採用サイト

参考:アディダスジャパンに新卒で就職する方法は?長期インターンシップに参加する5つの方法

 

◆ドイツ

アディダス

1920年にダスラー兄弟が「ダスラー兄弟商会」を設立。1948年に、兄弟の意見対立から、弟アドルフ・ダスラーが「アディダス」を設立。

バイエルンに本社を構える。売り上げは2兆円を超え、3兆円以上の売り上げを上げる一位ナイキを追いかける。

リーボックを傘下に持つ。2017年にテーラーメイドゴルフを売却。

日本展開については、1998年に、デサントへのライセンス付与を解消し、アディダスジャパンを立ち上げる。

アディダスジャパンの新卒採用は、店舗スタッフのみ。基本的に新卒を採用していないが、インターンシップから入社できる可能性はある。

アディダスの採用サイト

参考:アディダスジャパンに新卒で就職する方法は?長期インターンシップに参加する5つの方法

プーマ

1920年にダスラー兄弟が「ダスラー兄弟商会」を設立。1948年に、兄弟の意見対立から、兄ルドルフ・ダスラーが「プーマ」を設立。

バイエルン州に本社を構える。グッチなどを構える「ケリング」の傘下。プーマジャパンの新卒採用は店舗スタッフのみ。本社スタッフは中途採用のみ。プーマジャパンが採用を行っているので、ケリングジャパンに入る必要はなし。ケリングは、プーマの株を大量売却し、高級ブランドに注力しようとしているので、ケリングに所属してプーマに関わることは少ないだろう。

プーマの採用サイト

 

◆フランス

アリーナ

1973年、アディダスの創始者の息子でフランス現地法人社長のホルスト・ダスラーによって設立された。水着に強み。デサントがアディダスとライセンス契約を結んでいたこともあり、日本では、デサントがアリーナの事業展開を行う。

デサントの新卒採用サイト

デカトロン

1976年フランスのリースにて創業。

アウトドア、サッカー、野球、ラケットスポーツ、などなど、ほとんどすべての競技の商品を展開している。

欧州を中心に店舗を展開していたが、近年日本を含めたアジアにも進出している。

「低価格高品質」を売りにして、日本でも話題になっている。

採用は、今後アジア展開を拡大していこうとしているので、日本での採用もチラホラみられる。本社とのやり取りもあるので、英語もマストである。

デカトロンの採用ページ

ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)

2009年にフランスにて創業。ホカオネオネは、多ブランドを展開するデッカーズ社が所有する一つのブランドである。トレイルランニング用のシューズから始まり、現在は一般的なランニングシューズも手掛ける。分厚いソールが特徴的。リカバリーサンダルなども展開している。

まだ日本における採用の情報はない。

ルコックスポルティフ

1882年に創業。フランス最古のスポーツメーカー。サッカー、テニス、ゴルフを中心に商品展開している。

日本では、デサントがライセンス契約を結んでいる。

デサントの新卒採用サイト

 

◆スペイン

Joma(ホマ)

1965年に創業。サッカー・フットサルのウェアやシューズに強み。ホンジュラスサッカー代表などとユニフォーム契約を結んでいる。

Jomaの採用サイト(英語)

 

◆イタリア

KAPPA

イタリアのトリノ発祥。創設は1916年。アダムとイブが背中を合わせているロゴが特徴。サッカーのウェアに強み。かつてはFCバルセロナ、ボルシアドルトムント、イタリア代表にユニフォームを提供。日本でも、コンサドーレ札幌や東京ヴェルディと契約。

日本では、株式会社フェニックスがKAPPAブランドを販売している。事務職に関しては、中途採用のみである。

フェニックス採用ページをチェック

ディアドラ

1948年に登山靴やワーキングシューズの製造・販売で開業。1960年代からスポーツに参入し、有名選手にサッカースパイクを提供などをしてきた。

日本におけるディアドラブランド製品の企画・製造・販売は、株式会社ディーエムアールが行っている。現在新卒採用は行っていないが、中途は採用している。

ディーエムアールの採用サイト

FILA(フィラ)

1911年にイタリアで創業されるも、2007年にコリア・フィラが本社を買収。韓国企業となる。テニスやゴルフウェアに強み。

日本の販売ライセンスは、繊維とブランド経営に強い伊藤忠商事が保有する。

伊藤忠商事の採用サイト

lotto(ロット)

1973年に創業。サッカーやテニスに強み。

日本市場については、伊藤忠商事が、ロットとライセンス契約を結んでいる。

伊藤忠商事の採用サイト

 

◆スウェーデン

ホグロフス

1914年創業のアウトドア用品メーカー。2010年、アシックスが買収。スカンディナヴィア地域で人気が高い。それ以外への地域へのビジネス展開を、アシックスが狙う。ホグロフスで働きたい人は、アシックスに入社する必要がある。

アシックスの新卒サイトをチェック

 

◆デンマーク

ヒュンメル

1923年に創業。スタッド式スパイクを考案。デンマークサッカー代表のユニフォームを提供する。

SSKが日本におけるヒュンメルの商標権を持つ。

SSKの新卒採用サイト

 

◆スイス

On

元プロのトライアスロン選手であるオリヴィエ・ベルンハルドが、2010年に創業。自分自身ケガに悩まされた経験を持ち、足の負担を軽減するシューズを開発することを目指した。トライアスロンやトレイルランニングのシューズに強み。

新卒は採用しておらず、中途採用のみである。

Onの採用サイト(英語)

 

◆ブラジル

アスレタ

1935年に創業。1950~70年代には、ブラジルサッカー代表のユニフォームを提供。サッカーウェア、サッカーシューズに強み。

新卒採用は取っていない模様。

ペナルティ

1970年に、サンパウロにて創業。湘南ベルマーレなどのサッカーチームを中心にユニフォームを提供している。サッカー・フットサルに強み。

日本の販売については、株式会社ウインスポーツが務めている。ウインスポーツは新卒採用は取っていないので、中途採用のみとなる。

 

◆ニュージーランド

カンタベリー

オークランドに本社を構える。1880年代に設立。ラグビー日本代表のサプライヤーであり、ラグビーウェアに強み。

日本での販売は、ゴールドウィンが行っている。オフィススタッフは、ゴールドウィンに入社することになる。

ゴールドウィンの新卒採用サイト

カンタベリーオブニュージーランドジャパンの採用は、店舗スタッフのみ。

カンタベリーオブニュージーランドジャパンの採用サイト

 

◆中国

ANTA(アンタ)(安踏集団)

福建省晋江市に本社を構える大手スポーツメーカー。売上高は約1500億円に達する。NBA選手とも契約を結ぶ。

デサントと合弁会社を設立し、中国国内におけるデサントブランドの販売を担っている。一時期ミズノ社を買収する意欲があることも噂された。

361degrees

1994年に福建省に設立され、近年急速に成長している。元米国アシックス社長を引き抜き、2014年にはアメリカにも進出している。

李寧(リーニン)

オリンピック体操選手であった李寧が創業者。中国国内では、ナイキ、アディダスに次いで第三位との情報も。ナイキ社からデザイナーを引き抜き、2009年にポートランドに支社を構え、世界展開を目指している。

 

◆タイ

FBT

Football Thaiの略。1952年創業。バンコクに本社を構える。

タイ最大のスポーツメーカー。東南アジアのサッカーチームだけでなく、イングランドのチームにもユニフォームを提供している。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です