【デサント志望者必見!】【選考前から知っておくべきこと!】デサントの最終面接前に課される英語試験CASECとは?

 

皆さん、就職活動はいかがでしょうか?

 

今回の記事は、

デサントの受験を考えている学生 or デサント受験中の学生向け

に書かれています!

 

他のネット上に載っていない情報(2018年3月6日時点)を、

特別に皆さんにご紹介します!

 

本記事を参考にして、他の学生と差を付けよう!!!

 

英語試験があるの?CASECって?

実は、

どこにも情報が載っていないのですが、

デサントの二次試験合格後、英語試験の案内が送られてきます

 

CASEC(キャセック)という試験です。

 

==========================

CASECは、簡単に受けられるTOEICのようなものです。特徴は以下の通りです。

・文法、読解、リスニング、ディクテーションがある

・所要時間は約40分

・3,600円

・インターネット上で受験なので、いつでもどこでも受験可能

・TOEIC(R)スコア・英検級の目安も算出

受験者のレベルに合わせ問題が変わる

 

webサイトはこちら

英語コミュニケーション能力判定テスト「CASEC(キャセック)」

==========================

 

さて、

「デサントは、なぜ最終面接前に英語試験を課すのでしょうか?」

 

目的は二つです。

 

1、選考の参考にする

2、入社後の配属の参考にする

 

そして皆さん、

この英語試験は、

超大事です。

 

二つの目的に沿って考えていきましょう。

 

「1、選考の参考にする」について

最終選考の評価は、以下の要素で行われます。

 

「役員面接、人事面談、GD、社員座談会、ES、英語試験」

 

もちろん、上記の中で、役員面接の比重が高いでしょう。

英語試験は「参考」程度な気がしてしまいます。

 

しかし、

良く考えてみましょう。

 

英語試験の結果は、役員の手元に置いてあるでしょう。

CASEC試験では、あなたの「現段階での」英語力を計られます。

CASECの点数を見て、役員の方はあなたの「現段階での」英語力と評価をします。

 

たとえあなたが過去にTOEICで良い点を取ったとしても、

CASECの点数が悪いと、印象が悪いです。

「努力を継続してこなかった」と見なされるかもしれません。

 

「TOEICは対策をたくさんして、問題も解き慣れてるから高得点を出せたけど…

CASECは初めての受験で、慣れない問題が出てきて焦ってしまった。

本当はもっとできるのに…」

とあなたが思っていても、相手にはCASECの点数のみが印象に残ります。

 

CASECの結果によっては、役員にマイナスの印象を与える可能性が大いにあります。

 

役員面接は、長い時間を要しません。

第一印象が物凄く大事です。

それにも拘わらず、英語試験の結果を通じて、不信感を与えてしまうのは相当リスクです。

 

 

2、入社後の配属の参考にする

デサントが英語試験を課す理由の二つ目です。

 

もしあなたが若いうちから、グローバル事業に関わりたいと思っていたら、

CASEC試験を受ける際には、入社後のことも考えた方が良いです。

 

デサントは、若手にもチャレンジングな仕事を任せます。

一年目から、英語を使う部署に配属してもらえる可能性もあります。

 

その際に、人事はもちろんCASECの試験を参考にするでしょう。

たとえあなたがTOEICの高い点数を持っていて、一年目から海外事業を希望していたとしても、

CASECの点数が低かったら、あなたを早い段階で海外事業に関わらせるのは躊躇ってしまいます。

 

「この人は本当に英語力があるか心配だな...」

人事はそう思ってしまうでしょう。

 

CASECの結果によって、せっかくのチャンスを失う可能性があります。

 

CASEC対策をしよう

 

CASEC試験の二つの目的から、

「CASECの英語試験は超大事!!!」

ということがお分かりいただけたかと思います。

 

では、

「どうすればいいか?」

 

「CASEC対策をきちんとしましょう!!!できるだけ早いうちに!!!」

 

この英語試験は、最終面接までの短い日程の間に行わなくてはなりません。

その時期は、他の企業の選考もあります。

ゆっくりとCASEC対策をすることができません。

比較的時間のある、早いうちから対策を始めることをおススメします!!!

 

次に、

「どのような対策をすべきか?」

 

「まず試験問題を解きましょう!!!テスト形式を理解したら、英語力の強化あるのみ!!!」

 

まず試験慣れするために、実際にCASECを受験してみることをおススメします。

 

デサントから送付されるアカウントとは別に、

自分でアカウントを作って、自由にCASECを受験することが可能です。

 

こちらからどうぞ →→→ CASEC(キャセック)

実際の試験を解いてみる重要性は、皆さん様々な経験を通じてお分かりだと思います。

 

一つに、ゴールが分かります。

あなたに何が足りなくいのかを理解することができ、

そのために何をすべきか見えてきます。

ゴールを知ることで、最短距離でゴールに向かうことができます。

 

もう一つに、試験慣れです。

CASECの試験は、ネット上で行われます。

ディクテーション等、慣れない問題形式もあると思います。

あなたの解答に合わせて問題の難易度が変わるのも、特徴的です。

一度、受験したことあるかどうかが、もの凄く重要になると思います。

 

 

もちろん、受験にはお金がかかります。

ただ、一回の受験で3,600円なので、TOEIC等と比べ安く済みます。

幸いCASEC受験には交通費が掛からないです。

また、対策本を別に買うことと比べたら、

大きな出費だとは思いません。

 

個人的な感想ですが、CASEC受験は一回で良いと思います。個人的です。

二回受けることを否定はしませんが、もう一回3,600円を払うほどではないと感じました。

しかし、やはり一回受験することの意義はあると思います。

 

もちろん、一回目の受験を「試験慣れ」のために、

二回目の受験を「仕上げ・確認」のために使うのもありでしょう。

 

ただ、問題形式を一度把握することができれば、

後はCASECの試験問題を想定しながら

英語力のキープor強化に時間を当てれば大丈夫だと思います。

 

★☆★ CASECの「試験慣れ」がキーです。★☆★

 

~まとめ~

・CASEC英語試験は超重要。①選考の参考にされる ②入社後の配属の参考にされるため。

・案内が届いてからでは時間がないので、早いうちからCASEC対策をしましょう。

・試験慣れのためにCASECの問題を一度解きましょう。その後は英語力の強化を。

・CASEC受験は一回で良いと思います。

 

 

終わりに

一生に一度の新卒のカードを使っての就職活動です。

 

後悔しないためにも、

0.001%でも合格率を上げる努力をした方が良いと思います!

 

デサントから内定をGETしたいと思っている方は、

ぜひCASEC対策してみてください!!!

 

応援しています!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です